KB野球連盟について

日本KWB野球連盟は、野球競技を通じて青少年の健全な育成を目指し、その普及振興に寄与することを目的としております。(2001年1月1日に日本K-Ball少年野球連盟として発足。2015年1月1日、KB野球連盟より名称変更。)
 連盟の会長はシダックス株式会社取締役最高顧問 志太 勤 氏が務めております。志太会長は青年のころ肩と肘の酷使で野球の夢を断念したことがあり、その経験から今の子供たちには障害によって野球の道を閉ざしてほしくはないという強い思いを持っています。

【KB野球連盟の目的】
1.青少年の健全な精神、強健な身体を養い、礼儀正しさを学ぶ
2.国際的スポーツマンの育成を目指し、積極的な交流を図る
3.競技者・家庭・学校・地域社会が一体となり、応援活動を推進する
4.硬式野球に移る際の筋力障害を防止し、スムーズに移行させる

 また、上記の目的を達成するために、全国大会と指導者講習会の開催、国際大会・国際交流試合の開催やチームの派遣等を行っております。国内でもまだまだ認知されていない地域が多くありますが、「明日の日本を担う子供たちを育てる」ため、「正しい野球を教える」ために普及推進活動を進めております。


 

KB野球連盟の所属

 

 国際野球連盟(IBAF)

     

 アジア野球連盟(BFA)

     |

(一財)全日本野球協会(BFJ)

(公財)日本野球連盟(JABA)

     |

 日本KWB野球連盟

     |

 神奈川KB野球連盟

 

ページ最上部へ戻る